頭痒いとこないですか?

ファイントラックのさらさらアンダーは本物か?

ファイントラック ドライレイヤー

様々なメーカーからインナーウェアーが発売されていますが、ファイントラックほど

  • 肌面をドライに保つ

ということに情熱を注いでいるメーカーは無いでしょう。

多くのメーカーのインナーウェアーは、軽い運動程度であれば汗を肌面から吸い取ることは出来ますが、冬のサイクリングほど汗をかき、下りで冷やされる状況を繰り返す運動の前では、あまりにも無力です。

このファイントラックを着たことのない方には、おそらく現状を

  • そんなモンでしょ

くらいに思われていると思います。でも、ファイントラックを一度でも着ると、その考え方は一変します。

ファイントラックが他のウェアーと異なるのは「インナーウェアーの役割を分けた」ことです。

  1. ドライレイヤー
  2. セカンドレイヤー

ファイントラック ドライレイヤー

という考え方です肌の直ぐ上には「1.ドライレイヤー(商品名はスキンメッシュ)」が徹底的に肌面の汗を吸収し、その次の「2.セカンドレイヤー(吸汗性ウェアー)」に吸わせ、放出させます。

つまり肌面は常にドライ。だから下りで発汗がおさまり、その上風を受けても、一気に体温が低下することにはなりません。

ファイントラック ドライレイヤー

商品を見てみましょう。自転車用にオススメは、「スキンメッシュ」シリーズです。メンズ・レディースはもちろん、ノースリーブ、半袖(丸首)、半袖(Vネック)、長袖、ブリーフ、ボクサーパンツ、タイツ等、数多くのアイテムが発売されております。

ファイントラック ドライレイヤー非常に薄い素材です。丸めると軽く手の平に収まる程度。半袖(丸首)でわずか46gしかありません。 ファイントラック ドライレイヤー

身長166cm・チェスト88cm・ウエスト74cmの私は、サイズ表どおり「S」サイズを選択しました。

ファイントラック ドライレイヤー

まず丈が長めに出ています。ズボンの下に入れた場合、上半身が激しい動きをしても容易に出てこないようになっています。ファイントラック ドライレイヤー丸首部分のアップです。深い青色です。 ファイントラック ドライレイヤー前から見ると、一般的な肩で切り返しをしたデザインです。 ファイントラック ドライレイヤー後ろから見るとラグランスリーブのようになっています。体のラインにフィットするような縫製が研究されているのが分かります。ファイントラック ドライレイヤー実際に着用してみました。薄くてよく伸びる生地は、身体にフィットします。というか、フィットしなければ全く効果が無いとも言えるでしょう。肌面から離れてしまえば、汗を吸収することは出来ませんので、身体にフィットするというのはこのウェアーにとって絶対条件です。ファイントラック ドライレイヤー冬用のビブタイツを着用しました。 ファイントラック ドライレイヤーセブンイタリアの防風ジャケットを着用しました。この日は暖かく気温が15~20度くらいだったので、この格好ではややオーバースペック。でもその分登りで汗を充分かいた状態で、下り坂に突入。テスト環境としては抜群です。ファイントラック ドライレイヤーその時、腕が猛烈に冷える感覚を味わいました。ドライレイヤーが半袖だったので、腕だけウインドストッパージャケットが直接触れていたんですね。自分の汗がウェアーについて、冷えてそれがまた肌に戻る。これぞ冷えの原因です。

でも、体幹部分は全く冷えません。その分腕の冷えが強調されます。これはもう全然違います。お腹も背中も冷えない、でも腕だけ冷える。その違いは明らかにスキンメッシュの違いでした。

セカンドレイヤーを着用すれば、気温0~5度くらいでも対応できると思います。(暑さ寒さの感覚は多分に個人的、かつ運動強度に影響されます。)

でも腕の冷えは解消されないので、冬はやっぱり長袖のスキンメッシュがいいでしょう。早速長袖のスキンメッシュを追加注文します。

ファイントラック スキンメッシュ

それでも気温が5度を下回るようになってきたら、パールイズミの長袖アンダーをセカンドレイヤーとして追加するでしょう。

→続編はこちらファイントラックのさらさらアンダーは本物、こいつはヤッている。

一部で「高い」というイメージがあるようですが、パールイズミとほぼ変わりませんよ。海外製の高級ウェアーだとインナーでも1万円を超えるものも珍しくありませんが、ファイントラックのコストパフォーマンスは優れていると思います。

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

関連記事

  1. 新製品情報

    これがあれば迷わない、輪行のときのシューズ選び。

    輪行でサイクリングに出かけるとき、シューズは何を選びますか? …

  2. tailsdays テイルズデイズ

    新製品情報

    テイルズデイズ~テイルズデイズ~しっぽたちのおはなし~ からグローブが新発売

    ワールドサイクルとテイルズデイズのコラボレーションアイテム第4弾、「指…

  3. 新製品情報

    マグネット付きに生まれ変わって、使いやすさが格段にアップしました。

    昨年10月に発売を開始した、全く新しい携帯ツール「Fix it Sti…

  4. 新製品情報

    ボトルの中身は水に限るという方でも、塩分は適宜補給しないとね。

    ボトルの中身はスポーツドリンクですか? 水ですか?それぞれ好み…

最近の記事

  1. マジックワン マジックセイバー
  2. レーコン 富士ブルー
  3. asssaver 泥除け
  4. fabric バーテープ サドル ボトル
  5. OITONグリップシート
  1. ロードディスクブレーキ

    頭痒いとこないですか?

    ローカルルールで、ディスクブレーキのロードは禁止とします。
  2. サムライ 侍 真田紐

    新製品情報

    真田幸村とその一族が刀に巻いたといわれる「真田紐」を使った「サムライバーテープ」…
  3. 輪行講座 輪行講習

    頭痒いとこないですか?

    web版、パーフェクト輪行講座 これだけは。まとめ。
  4. シマノ クイックレリーズ

    メンテナンス教室

    シマノ・クイックレリーズの安全な使い方についての重要なお知らせ
  5. パクリは絶対に許さん

    頭痒いとこないですか?

    パクリは絶対に許さん
PAGE TOP