頭痒いとこないですか?

紫外線対策は4月からはじめないと、大変なことになりますよ。

arm01

気温が30度を超えるようになってくると、日焼けを気にする人が増えるのですが、実は紫外線というものは、この時期既に最大パワーで襲ってきます。

特にこのゴールデンウィークが要注意。晴天に恵まれると昼間は半そででも過ごせるほどの快適な容器は、1年前の日焼けの悪夢を忘れさせるのに十分です。

こんな日焼けになって、脱水症状気味になったのを忘れましたか? お風呂で激痛が走ったのをお忘れか?

 

日焼け対策は、今まさにおこなってください。オススメはパールイズミの夏用コールドブラックのアームカバーとレッグカバー。

秋から冬にかけて保温目的のアームカバーではなく、薄くて紫外線をブロックする夏用アームカバーです。

arm02

半そでジャージとグローブとの隙間が出てしまわないように、長めに作られています。

そして、肘の内側ではなく、肘の外側がメッシュになっています。自転車の乗車姿勢の場合、長時間紫外線にさらされるのは肘の内側ですからね。

これは自転車用ならではの工夫です。 arm03

一方レッグカバーは、膝の裏側がメッシュになっています。腕とは逆ですね。

はきやすくするためのジッパーはあえて省いています。ジッパーによるごろごろ感がなくなるほうを優先したつくりです。

arm04

メーカー的には、このコールドブラックを身につけることで、体感温度が5度下がるとうたっています。

arm05

実際に5度下がっているか体感できるかは微妙なところですが、これで余計に暑く感じるということは無いですね。ボトルの水をかけると、素肌の場合すぐに落ちてしまいますが、アームカバーの場合は生地に広がるため、気化熱を奪われることによる涼が感じられます。

その日の晩に肌が真っ赤にはれたり、のどが渇いて乾いてという苦しみから逃れたいのであれば、アームカバー、レッグカバーは外せません。

ご注文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWORLDCYCLE_BLOGをフォローしよう!

最近の記事

  1. クリオ パフォーマンスホットジェル
  2. カペルミュール クリアレインジャケット ワールドサイクル別注カラー
  3. シールスキンズ 防寒・防水アイテム
  4. バーミッツ ドロップ/フラットハンドル用防寒カバー
  5. エアロヘルメット
  6. アラフォーもんもん
  1. ランドキャスト 例のポンプ

    頭痒いとこないですか?

    進化しすぎだろ、例のポンプをトピークの人気モデルと比べてみたら。
  2. 輪行講座 輪行講習 輪行袋

    頭痒いとこないですか?

    ワールドサイクルの通販は、モノはもちろんコトも販売します。輪行マイスターの輪行講…
  3. ブライトン ライダー410

    頭痒いとこないですか?

    ブライトンの新型GPSメーター「ライダー410」徹底研究
  4. 頭痒いとこないですか?

    リムの汚れは心の汚れ。ホーザンのラバー砥石(K-141)でリムをクリーニング。
  5. R250 ツールケース

    頭痒いとこないですか?

    知らないとすぐに傷だらけ、今さら聞けないツールケースの使い方。
PAGE TOP